お宮参り、お食い初め

御七夜、出生届、お宮参り、お食い初め、初節句などが赤ちゃんの主なイベントだろうか。

ここでは。お宮参りとお食い初めについて書いていきたい。

お宮参りは通常、通常は1ヶ月頃に実施。

お食い初めは、通常は生後100日頃となる。

みーちゃんの場合

☆お宮参り、写真

ちょうど1ヶ月たったあたりで、まずお宮参りを実施。特にお日柄は気にしていない。

百貨店の写真館で先に写真撮影。

両家おじいちゃん、おばあちゃん含め父、母、みーちゃんで集合写真。みーちゃんソロで写真の2パターン撮影。

生まれたばかりなので、赤ちゃんの機嫌を取るのに一苦労。ソロショットを先に取るも集合写真は機嫌が持たず多少の泣き顔となる。

その後、神社でお宮参り。

☆お食い初め

楽天で鯛のお食い初めセット購入

当時は、お祝い箸と歯がため石がついてないセットを購入してしまったため、歯がため石は、近くの神社に取りに行った。お祝い箸に関しては、時期が夏であり、いくつか店に問い合わせたが結局売っているところが見つからなかった。

年末年始以外の季節はお祝い箸が売っていない可能性が高いので注意が必要となる。

今はこのような全部ついてるセットもあるようだ。

 

また、一升餅も背負わせたが重すぎて大泣きした。

双子の場合は全て同日に実施

しかも3ヶ月たったあたりで。

NICUに入っていて退院が遅かったなどバタバタで1か月でのお宮参りは出来ず。

近くの神社→写真館→うかい亭の順で回る。

今回は皆での食事もつけた。

両家おじいちゃん、おばあちゃん、父、母、みーちゃん、あー君、ちーで集合写真。

あーくん、ちー二人のみで写真の2パターン

お食い初めは、うかい亭のお食い初めセットで実施。大人はランチセット注文。決して安くはないがうかい亭は、0歳から入店を受け付けており、早いうちから、コース料理やお店の雰囲気に触れてもらって慣れていってほしいとのことで、未修学時を連れてお店に入れる

おじいちゃん、おばあちゃんにもちょっとしたご馳走ができるのも良い。

歯がため石も用意してくれ、鯛も目の前でほぐしてくれる。

おすすめである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA