おうちごっこ

最近娘がはまっていることはおうちごっこである。

娘はだいたい9時に布団に入るようにさせている。

日にもよるがだいたい7時30分頃には、ご飯やお風呂が終わり自由タイムである。

1時間半のなけなしの自由タイムは最近、iPadでYouTube40分程、絵本読む10分程、おうちごっこ40分程といった使い方をしている。

おうちごっことは何かというと、布団を少し壁のように建てて、それをおうちと想定する。

その中で、父と2人で朝起きて、朝御飯食べて、父と娘で一緒にでかけ、父は会社へ、娘は保育園へ別々の部屋へ移動する。帰りに父が迎えにきて、おままごとセットからパンやらお肉やら買い物をしてまた、おうち(布団)に帰って、、、、といった具合にシナリオを父と作りながら、布団で作った仮想の家での生活を繰り広げる。

そういったことが娘はとても楽しいようだ。

一時期YouTubeを知って全く離さず自由タイムの大半をYouTubeに費やしてしまっていたが、今はおうちごっこの方がプライオリティが高いようだ。

毎日同じシナリオでは面白くないので、ちょっとした時間で今日のおうちごっこのシナリオを考えるといったことが父の日課になりつつある。

ちなみに昨日のシナリオは休日で仕事と保育園は休みにして、アンパンマンミュージアムにいってアンパンマンのパンとメロンパンナちゃんのパンを買って帰って家で食べると言うものだった。

今日のシナリオはどおしようか。

 

このおうちごっこ内で活躍しているのがアンパンマンおしゃべり自動販売機である。

たまに、物凄く暑い夏の日に、家の目の前の自動販売機に娘をつれてジュースを買いにいくことがあった。

それを覚えていてほぼ毎日おうちごっこの夜ご飯のあとにジュースを買いにいくと言うシナリオを入れてくる。

すぐに飽きてしまうおもちゃも多い中、1歳すぎたあたりから長きに渡り、いろんな場面で大車輪の活躍をしてくれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA