なぜ双子が生まれたのか

ちょっと話をとったので話し言葉風です。

なんで双子が生まれたかっていうところなんですけど
うちも奥さんの体調は良い方ではなくて 生理不順であったり、生理が重かったりというところもあって、結婚してからすぐに子供を作ることに意識をおいて、基礎体温なんかも測ったりして、だいたい結婚式から7ヶ月後ぐらいに子供ができた

それが長女ですね。その後長女が一歳になったタイミングでスパッと授乳をやめて二人目が欲しいねということになって二人目を目指しはじめました。
ただそこでなかなか出来なかったのかな。少し排卵の薬なんかももらったりして、ようやくできましたとなったんですがその1ヶ月後にどうやらもう一人いるぞと。双子と。そこは想定してなかったっていうところで、奥さんとも話をしてはいないですけどもおそらくその排卵を誘発する薬を使ったことで自然の排卵と薬を使った入らんで二つ卵が出てきていてそれぞれに着床して二卵性の双子だったと。
今では万々歳ではありますけど結構そういった妊活とかの中で排卵の薬とかを使ってる人もいると思うので、今後は双子は増えてくるのかなというのも少し想定はしてます。

まあはっきり調べた根拠はないですけれど可能性が高いのかなと。

あとは遺伝とか言うのでもうちの日おじいちゃんですかね双子だったりはするんですけど
まあどっちが可能性が高いのか科学的根拠があるのというところでは、前者の方が高いんじゃないかなと思っております そんなこんなで双子生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA